2004年06月18日

竹中さん、政治家になっちゃうの?

敬愛して止まない竹中平蔵氏が自民党から比例区で出馬するとの事。民間人だから
いいんだよ、あなたは。

 自民党、いつの時代でも胡散臭いよあそこは。変わりつつある自民党?ほんとに変
わってんのかな。個人で好きな政治家はちらほらいるけれど、モヤットが多い党では
あります。
posted by airmassu at 08:05| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月14日

小泉首相も年金納めてない→菅直人は辞めたぞどうする?

 ひょっとしたら今度はそうなると思っていた。菅氏が民主党代表を辞した後もきっと世論は「菅はだめ」とレッテル貼ったに違いない。でも、事情が変わってきた。総理大臣も納めていないとなると、小泉氏は責任問題か?個人的な意見としては、「辞める必要はない」と思っている。もし辞めなければならないとしても今辞めてはだめなのだ。訪朝もあるし。

 民主党も公明党も自民党も社民党も、代表もしくは前代表がいずれも未納付期間があることがこれで判明した。衆参合わせて100名以上未納者がいるらしい。
 
 昨日、筑紫哲也がNEWS23の多事争論を急遽、自身の未納歴について触れ、今晩から暫くの間番組をお休みするという。

 
 ちよっと話がそれるが、菅氏が未納でなかなか代表の座を辞しなかったことについて「早く辞めろ」「ザマ見ろ」と思っていた国民は多かったと思うが、インタビューで「早く辞めたほうがいい」と言っていた人たちはひょっとしたら「未納者」かもしれないのだ。国民の約3割、若い世代では4割が未納であるというのに、世論が世論として「辞めろ」とか責任問題をとやかく言える立場ではない。つまり、テレビインタビューや街頭インタビューで「辞めて」などと言うようなものを堂々と流す前に、そいつが払っているかどうかも確認する必要があるのだ。

 年金問題は現時点において正々堂々と「私はちゃんと払っています」という証拠が提示できる個人単位において初めて他人をとやかく言う権利ができる。

 ひょっとしたら今度はそうなると思っていた。

 今の時点で菅氏の責任を追及した人間が居る限り、総理の責任問題は免れない。菅氏ばかりを矢面に立たせて批判していた人々よ、次はどうする?
 菅氏、辞めることなかったんじゃないの?福田前官房長官の辞任を「引き際が見事だ」なんて言ってる評論家自身にあんまり責任はないかもしれんが、そんな風に美化したマスコミの責任は大きい。そもそも、記者会見でマスコミはいかにも民衆の代表だみたいな感じで横柄な質問をする奴が多いが、マスコミや新聞記者のモラルは問われないのか?なんじゃあれは。週末の菅直人はテレビに出ずっぱりだったが、「いつ辞めるんですか」みたいなことを抜け抜けと言うキャスターやコメンテーターには辟易した。記者会見時の記者も含めていかにも自分がお茶の間代表みたいな奴は考えを直してもらいたい。すべてをひっくるめて言うことはできないが、「あほかこいつ、礼儀も知らん」と思わずテレビに突っ込みいれたくなるような奴らが居るのも事実。お前らは別に民衆の代表ではない。

 マスコミ(民放主に国内テレビメディア)は公平な立場が貫けなくたっていい。貫くはNHKのみでも良い。民放各社はスポンサーあって初めて成り立つからたとえばスポンサーたたきはあんまりしないし・・・
 マスコミは公平でなくてもいいけれど、バランスは必要だし、最低の礼儀は弁えろ。アホな記者が多くて情けない。新聞もそうだ。人の振り見てわが振り直せ。

 話がそれてしまったけれど、筑紫哲也が番組を休む形で責任を取った。ほかの民放はどう出る?意外と私は開き直って「払ってない」と言い切る人が居てもそれは悪いことではないと思う。むしろ正直で好感が持てるし、将来もらえるかどうかわからない不安から支払いを自ら拒否した信念を持っている人だって大勢いると思っているからだ。でも、一度糾弾する立場に立った人間は自己の責任の所在を明確にする、これは大原則だ。

 どうよ、人の事とやかく言う前にまず自分。ちなみに私はちゃんと年金はらってます。ノーミスで全クリっすわ。
posted by airmassu at 19:27| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月02日

年金てなんで任意で支払うのさ

 年金を払った人、払ってない人がいるとかいないとか、そんなニュースばっかり。

 だったら税金として徴収し年金払ったらいい。今まで納めた額は逆算できるだろうから、日本国民全員一旦返却してちゃらにしてから税金で取ればどうよ。

 年金で運用といっても株価上がらんし・・・

 やっぱ税金課したらええねん。
posted by airmassu at 04:39| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月24日

イラク人質事件について

 5人の人質のうち、最初の3人の会見が本人たちを交えて行われていないまま時間が経っているが、あまり良いことではないと思う。PTSDなんていう病名で片付けてはならない。これは人質であった方にも、僕らにも大切な問題であり、落ち着いてからの会見を行えば「おいおい、いつまでかかってんだよ逃げてんじゃねーよ」みたいなイメージを持たれると思う。

 前に、3人を非難するサイトで「いくらなんでも言い過ぎだろ」と反論したことがあったが、正直、彼らは非難されるべきではないだろう。彼らの自宅に非難・中傷の手紙やメールが相次いでいるらしいが、本当に日本人として情けない。

 ここで確認しなければならないのは
「助けてくれ」と当時の彼らは日本にいる我々にメッセージしていなかったこと
「覚悟してイラク入り」している危険を省みないアツい人間だということ
「自衛隊のイラク入り」には大いに反対していた自分が、向こうでの自衛隊の方々の活躍をみているうちに「復興支援は必要だ」と思ってしまい(この認識自体は間違いではないが)、送り出すプロセスに疑問を感じていた自分がいつの間にか政府のやり方を批判しなくなったこと
「アホなブッシュ」をかなり早い段階から支持していた首相と、アメリカ追従を是とするバカな政治家がいること

である。

 でも、ここでやっぱり3人は逃げちゃだめだ。会見は今やっても、後からやっても世間の前に姿を晒す恐怖にはいずれ直面するからである。早くしないと「あ、あの時の3人ね」とレッテル貼られたり、後ろ指差されるのがオチだ。

 いいよ、醜態さらしても、ありのまま伝えたらいいよ。あなたたちは悪くない。

 自衛隊より偉いよ。彼らは団体でかつ武器もあるからね。
posted by airmassu at 07:57| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする