2005年10月22日

Xacti DSC-E6到着!!

ザクティ箱.jpg
 職場で依頼されていたザクティが到着した。私がお金を立て替えている手前、よし、ちょっと拝見させていただこう。

 どれどれ。

ザクティ.jpg

 おおー、綺麗かも。んでもって小さい。私が選んだのはホワイトモデルだったのだが、残念ながら背面部分はシルバーのままだった。これならシルバーモデルの方が統一感が出て良かったかもしれない。ホワイトはホワイトでいいかもしれないけど。

 それから、次に驚いたのは液晶部分。お店で確認したとはいえ、やっぱデカイ。

ザクティ液晶.jpg

 CIPA規格(撮影枚数の統一規格。バッテリーの持続性を確認するときに用いられる)では170枚。ちょっと心もとない数字ではある。最近のカメラだと500枚連続撮影ができるカメラなどもチラホラある。それこそ先日お話しした富士のカメラF11あたりだと500枚超の撮影が可能。

 雑誌やウェブなどでも液晶部分が大きいために消費電力があるせいか、撮影枚数が少ない。と評価している。でもこれってキヤノンの売れ筋製品とあんまり変わらないのだよ。しかもキヤノンの一部製品よりも枚数が多いのに、キヤノンの製品のところにはバッテリー持続性についてはほとんど触れられていない。それってエコヒイキじゃん。確かにキヤノンは綺麗に撮れるかもしれないけど、バッテリーの持ちが良くないことも書けっちゅーの。

 ザクティの液晶見たらみんな驚くよ。3.0型液晶ってそうそうないよ。普通に撮った後の画像確認は楽しいし、ザクティはセンサータッチだからシャッターの半押しをしなくても良い設定ができるし・・・動画も綺麗みたいだ。

 でも実際の使用感については、依頼者のOKが出るまでお預けだな。
posted by airmassu at 12:08| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | デジタル家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

今までありそうでなかったデザイン - サンヨー DSC-E6 -
Excerpt: ? 画期的な技術を持ちながら、今一歩メジャーな道を踏み出せないサンヨーからデジタルカメラの新製品が登場しました。実際実機を見てちょっとびっくりしたのですが。 三洋電機 SANYO 「X..
Weblog: 衝動買いはやめられない!デジタルカメラ販売員奮闘記
Tracked: 2005-11-04 12:32