2007年11月12日

セラムヒートを買う

セラムヒート 母方の祖父母は91歳と88歳になるのに、今も矍鑠としていてボケてない。先日、米寿の祝いをしたところではあるが、日頃世話になっているのによくよく考えると孝行なんてものを全くしていないような気もしてた。

 そんな祖父母の家では石油ストーブが毎年鎮座している。土間の台所付近にも、居間の和室にも。でも灯油もバカにならんくらい高騰しているし、買いに行くのも面倒だ。入れるのもまた然り。

 で、孝行してみた。

_

_

 高齢な祖父母が安心して使える商品か。エアコン・・でも高いし、おいそれとは着けられない。けどセラミックヒーターは電気を食うし五月蝿い。かといってプロパンガスファンヒーターは怖いし高い。

 で悩んだ結果、買ったのが遠赤外線暖房機、その名も「セラムヒート」。ぴちょん君で最近認知度が上がりつつあるダイキンの製品だ。ダイキンは地元にも大きな工場があるので小さいころから良く知ってる企業でもあるけれども、このセラムヒートは侮れないやつだった。

 いろんなメーカーのものをお店で着けては試し、着けては試し、電気ヒーターやパネルヒーターにもいろいろあるなと思いつつ、頭の中ではややデロンギに傾きつつあった。それは単なる自分の好きなデザインだったから。


デロンギ.JPG

 最初、こいつがかなりお気に入りになった。でも、これは両面で暖めるため、どちらかと言うと部屋の中央に置くタイプ。居間の端に置こうと考えると半分の出力しか使えない。

 しかも、リモコンが若者向けで祖父母には少し難しそう。

 ということでパス。祖父母の反応は結構良かったけどね。


 で、次に選んだのがこれ。
棒状ヒーター.JPG



 でも、写真を見せたら「頼りない」とのことで却下。そうですか。

 じゃ、どんなのがいいんだろ。






ヒーター1.JPGパネルヒーター.JPGパネルヒーター2.JPG

 で、次々に調べてみた。左のオイルヒーターを使っている会社の上司は「電気代がスゴイよ」というのでパス。続いてパネルヒーターを探すと、どうももう一つしっくり来ない。中央のは暖かいんだけれど、どちらかと言えば「じんわり保温」を前提としてるような感じの造り。少し暖まりに時間がかかった。

 写真の一番右にあるパネルヒーターは貝のように開閉ができるタイプで、そこそこお値段も安いわりにパネルが大きく使いやすそうだった。

 しかし、その隣にあったヒーターからとても心地いいかさがやってくる。・・・おおー。

 というわけで一番上のセラムヒートに落ち着いた。お値段は約3万円。ちょっと高かったけど、この暖かさが来るなら十分だね。ネット通販で金曜夜に購入したら日曜には届いたから速いもんだよ。

 自分の部屋にも買おうかな。

posted by airmassu at 01:44| 京都 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 買い物履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もおじいちゃんおばあちゃんに、お父さんお母さんに孝行できるような立派な社会人になりたいです!!

げんきですか?私はげんきです。
風邪に気をつけて★
Posted by ともこ at 2007年11月13日 00:21
 ありがとう。

 ハンドルネームでなくて良かったの?続きはメールで(笑)
Posted by まっすー at 2007年11月13日 19:58
めっちゃお元気祖父母様ですね(><)
91歳なんてほんとうに感激!
うちのじいちゃん、ばあちゃんも長生きしてほしいです〜★
Posted by ちょこ at 2007年11月14日 08:22
いいことしたね。正月に確認するよ。
何もできないけど、暖かい部屋で食べる
お茶うけでもお土産に帰ろうかな
Posted by あに at 2007年11月14日 23:43
■ちょこ様

 めっちゃ元気ですよ。数年前まで車を運転していたかと思うと少しぞっとしますが(笑)


■あに様

 離れてても結構暖かいので買った自分もびっくりしたよ。また正月あたってみてー。
Posted by まっすー at 2007年11月15日 21:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック