2017年02月18日

タイムスリップするなら、ちょっと懐かしい曲を聴くといいね。

 学生時代、毎日毎日どういうわけか槇原敬之がヘビーローテーションだった管理人。
 久しぶりに『君は誰と幸せなあくびをしますか。』をかけてみました。
 そしたら、『僕の彼女はウェイトレス』がババーンとかかってきまして、気づけば学生時代の雑然としていた部屋にあったソナホークでこれを大音量で楽しんでた時のことを思い出しました。

 ソナホーク、それはSONYが出したWラジカセの最高峰にして最後の名機なのです。
 ソナホーク、また出ないかな。

posted by airmassu at 18:21| 京都 ☁| Comment(0) | 評論・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]