2005年06月10日

CANON PIXUS iP4100を買う

 こないだiP4100というキヤノンのプリンターを買った。最近もの凄い勢いで自分の趣味にお金を投じている。いいんだろうか、 マジでちょっと最近の浪費ぶりに自分自身で心配になってきた。いいさ、 ボーナスで赤字補填だっ!!orzボーナスちょっと厳しいとか言われてたんだった。毎年少しずつ減っているような・・・だいじょぶかなー。

 GWに兄のマンションを訪れたが、そこにはPTIXUS iP3100があった。「おー、グッチョイスねー」 なんて心の中で思っていたのだが、確か兄は以前エプソンのPM-760Cという5年くらい前のを大事に使っていたような記憶がある。 私も使ってたけどPIXUS 850iというマシンに乗り換えていた。

 でもこの850i、インクコストも安いし、いいパフォーマンスをしてくれるのだが、 キヤノンは現行のラインアップになるまでインク耐性が弱かった。光にもオゾンにも弱く、1年経つと写真なんかが色褪せてしまい、「強インク」 のエプソンに少し水をあけられていた感があった。

 しかし、iPシリーズになってキヤノンもいよいよ耐性万全になった。実は欲しいなあと思ってた。 職場にもiP3100を複数台購入したのだが、とても快適に使える。ぐぐぐ、欲しくなってきた・・・ とグラグラ揺れていたところに兄のマシンが追い討ちをかけたのだ。 物欲を抑えられなかった私は気が付けば馴染みの店でiP4100を注文していた。むむう、またしても負けてしまった。自分に負けてしまった。

 850iはちなみに今は職場で活躍中。

 iP4100は今流行っている複合機ではなく、プリントオンリーの普通のプリンタだ。でも、両面印刷機能、 CD-R等へのダイレクトプリンティング機能を備え、価格は2万円以内。しかもインクコストが他社よりか安い。 エプソンもいいんだけどインクが高いからね。

 850iからiP4100に乗り換えて  良かったところ  ・プリンタの上に物が置ける  ・CD-Rなどのディスク印刷時、スライドさせるカートリッジだけ装着すれば良くなった  ・給紙トレイが付いた  ・インクの耐オゾン、耐光性能が向上し、写真印刷などが気兼ねなくできるようになった。  悪くなったところ  ・消耗品インクの単価が高い  ・ややデカイ  購入して今のところ非常に満足。今度はあまり浮気せず、ちゃんと壊れるまで買い換えないぞっ。
posted by airmassu at 23:44| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック