2015年05月17日

JR東日本から来たよ・・・折りたたみ自転車を車両に持ち込みするときの注意

 バカでかく、そして重たいだろう旅行用のスーツケースは持ち込み良くて、なぜサドル部が取っ手代わりに露出した専用輪行バッグはNGなのか。

 個人的にはさっぱり理解できないこの件について、JR東から回答が来ましたので紹介します。

 ま、回答としては全然不十分なんですけどね。なんで危険なのかは書いてないから。
 重さでいけばスーツケースよりも軽い可能性もあるし、サドル部が人に当たって怪我をする可能性も非常に少ない。
 にもかかわらずだ。


回答は以下のとおりです。ちょっと前に届いたんですが、遅くなって済みません。


いつもJR東日本ならびにJR東日本ホームページをご利用いただきましてありがとうございます。
このたびのご意見につきまして、以下のとおり回答させていただきます。

 JRでは、自転車の電車内への持ち込みにつきましては、解体し専用の袋に収納した自転車又は折りたたみ式自転車(折りたたんで専用の袋に収納したものに限ります)に限り、無料で車内に持ち込むことができます。サドル等が出ている場合については、他のお客さまのご迷惑となることや安全上の理由から、お断りをさせていただいております。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
なお、キャスター付きバッグについては、3辺の最大の和が、250センチメートル以内のもので、その重量が30キログラム以内のものについては2個まで無料で車内にお持込いただけます。(ただし、長さ2メートルを超える物品についてはお持込いただけません)

 弊社の運送約款である旅客営業規則には、無料手回り品として下記URLに記載させて頂いた形で規定いたしております。合わせてご確認頂ければ幸いに存じます。

●無料手回り品
http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/10_syo/01_setsu/index.html#307



このたびは、貴重なご意見ありがとうございました。
今後も、みなさまに愛され、親しまれるJR東日本をめざしてまいりますので、引き続きご愛顧賜りますようよろしくお願い申し上げます。
                          東日本旅客鉄道株式会社
posted by airmassu at 12:18| 京都 | Comment(0) | 評論・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]