2014年12月14日

新幹線車両ドアの自動開閉センサーは手動でもいいんじゃないか

61068549-6792-472F-BA23-FE257F24223A.jpg 久しぶりの出張。

 N700に乗って京都から東京に向かう新幹線の車内の写真を撮ってみました。

 N700系は車両最前列(ドアが開く壁側と、窓側にコンセントがあります。5月に乗った時に携帯のバッテリーが心もとなかったこともあって、今回は予約時往復共に2列席通路側を選択しました。

 ですが、これが思ったより嬉しくなかった、というのも、トイレや通話で離席しロビーに向かう方の往来でドアが開閉し、さらには客室乗務員や、車内販売のカートでも頻繁に開いてしまい、ロビーの寒い風が吹き込んだからなのですが、自分が席を立つだけでもドア開くのもどうなんだろうと思います。ロビーの方が携帯片手に話している時も不意に開いたり、センサーが反応しすぎるというか、完全に過剰。

 これなら、いっそのことセンサーをタッチ式などに変えてもらえないだろうか。充電のメリットなんかほとんど飛んでしまってちょっとめげてます。

 帰りは2列席が反転するからありかな。

 ちなみに、在来線の特急はタッチセンサー式ドアでした。次の新幹線はここ直したほうがいいと思います。


posted by airmassu at 10:26| 京都 ☁| Comment(0) | 評論・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]