2014年09月28日

ザイラーピアノデュオを堪能してきました

2014-09-27 14.02.55.jpg

 京都府の中丹にある胡麻へ昨日行ってきました。
 ピアノ連弾を田舎で聴くのもおつなものですね。

 http://kayabuki.com/concerts.html




 

2014-09-27 14.32.21.jpg


 ザイラー夫妻の連弾はこんな茅葺きの建物で行われました。

2014-09-27 14.37.22.jpg


 これは講堂の上から撮影したものです。3階席まであります。でも定員は少なめ。

 職場の上司に誘われて胡麻でピアノ連弾を楽しんできたのですが、胡麻って本当に田舎でした。昭和50年代以前の原風景が広がる地域が京都からわずか1時間程度のところにあるという、日本人で良かったな。

 連弾はとても良かったですが、10曲くらいを連続する×4回くらい、1回が30分くらいでとても長い・・・というか気が抜けない感じで、座席は座布団だったのでちょっと足が痛くなったり、腰が痛くなったり。しかも聴くほうの側の人たちは老人の方が多くバスツアーの方がほんど。携帯は鳴るわ、しゃべり声はするわで聴衆のモラルは若干低めでしたが、秋晴れの心地よい天気と滑らかなピアノとの調和がとても気持ちよかったです。

 2時間ほどの講演です。途中に休憩もあります。

2014-09-28 18.45.14.jpg


 ケーキや酒、ハーブティ、新米のおにぎりなども振る舞われ、とても長閑な一時でした。帰りにゲーテが愛したというプリオフィルムの葉をいただいたので、植えてみました。

 枯れてしまった新居祝いとバトンタッチ。今度のは毎日水をやらんとダメなんかな。

 ピアノ連弾は来週も行われます。チケットもまだ余裕があるというので、秋の行楽を兼ねてどうですか。チケットは2500円なのでとてもリーズナブルです。

 でも、これまザイラーさん知りませんでした。結構テレビなんかも出てらっしゃる有名人だったんですね。最前席で堪能してきましたし、面白い話もしていただけて^^

 また行ってもいいかな。

posted by airmassu at 20:58| 京都 | Comment(0) | 評論・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]