2014年05月06日

ジョン・カーターは力作か駄作か

 ずっと気になってたジョン・カーター。
 結論から言うと、「あんまりパッとしない」

 面白いような、面白くないような。

 時代考証とか、各国のバックグラウンドなどがもっと描かれていたほうが理解ができたのかもしれない。
 なんで戦っているかの大義名分がよくわからない対立ほど、見ていて白々しい。

 そこそこ面白かったけど、金のかかった割には混沌としていたと思う。

 これなら、全然期待せずに見たスリーキングスのほうが面白かったぜ。
posted by airmassu at 12:24| 京都 ☀| Comment(0) | 評論・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]