2013年04月13日

アメリカのTPP交渉が結局「我田引水」な件について

 TPPに参加して、結局「あれ、なんかアメリカの言うことのほうがずるい」と思ったことは

 ・軽自動車というカテゴリは別に閉鎖されていないのに技術力がなくて作れないから「撤廃しろ」と言ってきた
 ・自分たちはデカイ車しか作れないので「自動車税」「重量税」を軽減しろとふっかけてきた
 ・自分たちの車は日本の車よりも商品力がないので「お前らの車はもうしばらく俺らは関税かけるからな。俺らの車を輸入するときはお前関税かけてねえんだから、かけんじゃねえぞ」とジャイアンみたいな提案
 ・がん保険のシェアが日本で大きいことを守りたいから「かんぽは政府噛んでるだろ。そんなところの参入なんかさせんなよな」と軽くジャブをかます→政府はその軽いジャブをまともに喰らう

 な。
 TPPなんて所詮アメリカのエゴだということだな。特にバカ既得権益層のためのね。

posted by airmassu at 00:15| 京都 ☀| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]