2006年11月29日

続・事故後の相手方(加害者編)

 修理代はお支払いします。
 
 加害者とその家族は確実にそう言ったのだ。保険会社からの提示額では足りないから差額を支払って欲しいというのも、「払います」と言ったくせに、今日の電話では「保険会社さんにすべてをお任せすることにします」との返事。
 
 あかん、慇懃無礼な奴はここにも居たか。電話で精一杯低姿勢で話しているというのに、足元見られてるというか、バカにされているというか。
 
 
 訴訟しないとでも思っているのだろうか。30の中年が21の若僧と話のわからないバカ保険担当に翻弄されているようだ。どうしてこんな惨めな思いをしながら生活しなければならないのか。
 
 困った。
 
 でも、ネットを広げてみていると、「交通事故110番」なるサイトを見つけた。ここのサイトを見るにかなり勇気付けられそうな対応の仕方が紹介されている。さらには全損扱いになった場合の対応キットなるものが2,100円ながら販売されているみたいだ。
 
 よし、これを買ってみよう。きちんとした対応をして相手方がどうするのか見極めたい。
 
posted by airmassu at 23:59| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 経験則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりですっ!!ちょっとありえないですね!!腹が立ちます(>_<)
車ってだから怖いですよね。便利なのはもちろんだし、必要不可欠でもあります。
車に関すること、保険に関すること、いろんな知識が必要ですね!!
払うものはきっちり払ってもらわなきゃいけませんね!!
Posted by みぃたん at 2006年11月30日 22:06
すごい偶然ですね☆☆記事かかないで保存しちゃいました笑今、書いてるところです♪♪
Posted by みぃたん at 2006年11月30日 22:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック