2006年09月26日

人を幸せにする技術

 先日、私の職場でFOMAの充電に困っていた人が居た。FOMAの充電器ありませんか?なんて急に言われてもそんなの無いよ。入院患者さんで緊急入院になって家族に電話したいけど身体に自由が利かなくて・・・
 
 無いよ、無い。・・・あ、待った。あった。先日買った手回しのライトだ。あれに確かケータイに急速充電機能がついていたっけな。
 
 とガサゴソとカバンをまさぐって・・・ありましたありました。ぐるぐる手回しして蓄電して・・・
 
 みたいな、こんなやりとりがあった。患者の方にはとても喜ばれ、師長にも感謝された。
 
 これは「気づくか気づかないか」の別のケースだけど、これは人を幸せにする技術なんだとわかったときがその日の中で一番嬉しかった。
 
 
 
posted by airmassu at 23:11| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 経験則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック