2005年03月10日

東芝のHDD単体レコーダー、予定台数3時間で完売!!やったね!

 東芝のHDDレコーダは、国内でもトップクラスの性能を誇る名機だと思う。東芝のRDシリーズにかなうレコーダにはまだお目にかかったことがない。

 普通、一般にHDDレコーダと言えば、HDD&DVDレコーダか、あるいはDVDレコーダをひっくるめた総称みたいな形になっていてむしろHDD単体で成立するレコーダは少ないほうだ。そんな中でもRD-H1という250GBのHDDしか搭載しない単体モデルが予定台数の1,000台をわずか3時間で完売になったというから、RDファンの私としては非常に嬉しい。

 「観たら消す」という使い方をする人が意外に多いのかもしれない。

 そもそもHDD単体のレコーダはNECやソニーが一部出していたくらいであまり認知度はなかったように思う。「コクーン」を知っている人は多かったかもしれないけど。

 RD-H1はネットdeダビング機能を持っているので、他のRDシリーズと組み合わせてDVDを作成することも可能なようだ。実際私もこのRD-H1を購入しようかと思ったけれど、あいにく私が今持っているRD-XS40とは連携できないようだ。

 いやあ、でも東芝のHDDレコーダってなかなか市場に評価してもらいにくかったけれど、これで少し弾みがついた。

ヤフーニュース@インプレス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050309-00000008-imp-sci


余談、このRD-H1の開発コードネームは「ストライク」だった。下のリンク先の記事を読んでいただけたらわかると思うけど、ガンダムファンならちょっと笑えるエピソードが載っているのでどうぞ。
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0502/14/news095.html


ああ、でも東芝いい感じ。もっと売れてもいい。
posted by airmassu at 01:52| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック