2006年07月20日

『運の法則』の補足

 職場で後輩が何かしらしげしげと見つめていた。話を聞くと、抽選で車が当たる懸賞があるとのこと。だた、当選等級が下がっていくとどうでもいいようなプレゼントで、私はよくこういうどうでもいいのがよく当たるんです。
 
 いや、違うよ。
 
 運はみんなに平等だけど、それは結果が平等なのではなくて機会が平等なんだよ。つまりチャンスが平等だということ。
 
 そう言うと後輩は「じゃあ、やってみます」とそのチラシを持って帰っていった。そうだ、何事もやってみないと始まらない。
 
 つまり、『運』は情報量と行動力(量)に比例して増えるんだと。2005年1月に書いた記事にその後の持論を付け加えたい。漫画「あぁ、女神様っ」でヴェルダンディは「運の量はみな平等」だと何巻かで言っていたが、実際はそうじゃないと私は思う。これは結果の平等の立場の意見だからこうなる。
 
 
 
 以前、ある人に寄せた手紙の抜粋です。読みやすいように一部追記していますが・・・おヒマならどうぞ。
 

−−−−−
 
 デジタルデバイドって言葉を知っていますか?デジタルデバイドとは、インターネットを使っている人、もしくは家庭とそうでない人や家庭とを比べたとき、生涯獲得賃金(働いて得るお金の総額)に大きな開きができるという近年よく言われている言葉です。これは情報量の多さの違いによるところが非常に大きく作用しますよというものです。


 例えばイベントがあるところへ行って、物事を実際に自分の眼で確かめるのか、新聞などを見るのかだけでも違うでしょう?友達が多い少ないで得する人、損する人っているでしょう。友達が多ければ多いほどより正確な情報を得やすいし、そして助けてもらいやすいなんていう実感は今までにあったんじゃないかな。多いからと言って必ずしもそれが良いかどうかは一概に言えないかもしれないけど。(確かに多すぎて自分で把握しきれなくなってもダメだし。)でも、全然いない人よりかは何倍もありがたいのはわかるでしょう?
 
 ・・・社会に出れば一期一会なんてことはざらに出てくるから、気にしなくてもいい。多くの人と接し、多くの人と交流することで自分を自覚できると思う。これも自分探し。
 
 運の法則と書きましたが、これは僕が個人的に考えている一種の哲学。「外に出かける人はそうでない人よりも運がいい」つまり「運は運動量に比例する」ということなのです。「運動」とはよく言ったもので、「運」を「動かす」こと。誰かが昔言いました、「人の運は生まれながらにして等しい」と。確かにそうかもしれません。でもそれは「結果」が同じなのではなくて、「機会」が同じだということなのです。
 
 (じゃあハンデを背負って産まれてきた人は?なんて考えるかもしれませんが、それは少し別の話。今は同じ条件で健康に産まれてきたと仮定してください。)
 
 その場合、一日中家でゴロゴロしている人と、ちょっと街へ買い物に出かけた人とどちらのほうが運がいいか。それはね、外に買い物に出かけた人なんだよ。そりゃあリスクはあるよ。事故に遭うとか、鳥のフンが落ちて来るとか。でもマイナスの要素よりも圧倒的にプラスの要素のほうが大きい。もっと典型的な例は「宝くじ」を買う人と買わない人の違いもそうだよね。買わない人には当たらない。家に居て外に出ない人が近くのお店の安売りを知れるわけがない。と僕は思うのです。だから動く。もちろん家に居ることのすべてを否定するわけじゃないよ。(家に居てもインターネットやテレビでも情報を取得できるわけだから・・・でも何もしない人には運は転がり込んでは来ないでしょ。)
 
−−−−−
 
■管理人が考える『運の法則』まとめ

 ・『人の運』は、情報を取得した量と行動した量に比例して大きくなる。
 ・『運』は「結果」が平等なのではなくて「機会=チャンス」が平等である。

posted by airmassu at 00:35| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 経験則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おもしろい考えですね☆☆でもなるほどって感じです!あたしはどっちかって言うと、家にこもっっちゃうタイプなんですよね。友達もそんなに多いほうではないので、やりたいことはあっても誘えない↓↓特に最近そうです。やりたいことはホントにたくさんあるんですけどね〜☆☆
Posted by みぃたん at 2006年07月20日 18:43
■みぃたん様

 動くのも勇気が要りますが動かないと何も始まりませんからアクティブにいきましょう。

 動くことを前提として、「動かない」勇気も次に試されることになりますが・・・それは動くことの妙味を知ってからの次の課題になりますけど・・・


 何でもやってみなきゃわからんちゅうことですね。「できる」と思えば「できる」し、無理って思えば無理なのが人間です。
Posted by まっすー at 2006年07月21日 02:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック