2006年05月24日

コンピュータをひたすら直す

 私は一応、というかどっぷり文系の人間だけど・・・なぜか今の職業はPC修理屋になっているような気がする。

 毎日コンピュータと向き合っては、壊れたパソコンパーツを修繕したり、取り替えたりして、時にはシステム組んだりとまあ、何だ、保守系SEさんみたいな事ばかりやっている。本業は今のところ事務職なので、エクセルしたり公文書作ったり、契約をまとめたりとかになるんだけど、どうなんかなあ。


 使われなくなった製品や壊れた品々を見ていると、そのマシンが購入された当時で換算すると相当「いい品」だったことがわかる。

 「え、5年前のマシンなのにメモリが256MBあるっ」とか
 「HDDがえげつないことなってるー」とか

とにかくまあすごい。そういうことがメチャメチャ多い。「知らないことをいいことにぼられてるなー」と溜息が出る。

 ちなみに、自分が担当になってからはそういう無駄は一切排除。メーカー、CPUのチップ、メモリ、HDD、その他拡張性云々を費用対効果でじっくり算段。

 プロとして言うならば、昔ほどのブランドプレミアがないけれどdellのマシンはトータルでいいね。でも最近はサポートが弱くなってきた点がマイナス。うちのマシンは約4割がdellに置き換わったかもしれない。メインは富士通製品。あとNEC、日立が少々。

 てかさ、富士通系のベンダーは酷いね。昔、「うちは富士通のマシンでないと動きません」なんて言われたことがあったけど、OSでマシンは動くんだぜ?素人だと思って営業トーク展開してません??

 あまーい!

メンテナンスがしやすいとか、リベートが入ってくるとか、自分たちに都合のいい事は棚に上げて、変な縛りをかけるなっちゅーの。

 でもどうしても、っていうところもあって、それはそれでどうしようもないときもある。まあ、そういう人たちにはかなり勉強はしてもらうけどね。基本的にリプレースできるベンダーはすべてこちらの要求どおりにしてもらってる。顧客のニーズに応えられない企業って何?この先生きていけないよ?大ジョブ?

 メーカー純正品はパーツが高すぎるんだよ。どうせ中開けたらよく知られてるサードパーティのOEMだったりするんだから。



■追伸

 パソコン買う人がいたら、いいの紹介します。絶対に損はさせません。もちろん報酬なんて・・・いや、ちょっと欲し・・・いやいやいやいや。どこまでご相談に乗れるかわかりませんから、どうぞお気軽に(笑)

 自作できたりするなど、玄人の方はお断りです。あのボードのさここがいいんだよねーとか、ここのマザーとあれとどうですかとか、そんな高度な知識はありません。よっぽどあなたのほうがすごいから、そういうのはマジでゴメンナサイ。
posted by airmassu at 21:48| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | パソコンをカスタマイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック


Excerpt: 富士通タイプ)・スピーカーを、グレードアップすれば、効果は絶大!!・コンピュータを
Weblog: 富士通がたくさん
Tracked: 2007-07-22 19:23