2005年02月01日

一太郎の販売中止?なんでなんで?

 パソコンソフトの一太郎と言って、「ピーン」と来る人は多いだろう。ワードと比肩するワープロソフトの代名詞だ。メーカーは徳島に本拠を置くジャストシステム。でも、各社報道を見るに「松下電器が特許権侵害で訴えて、東京地裁がそれを認めてジャストシステムに販売の中止を言い渡した」ようだ。・・・・ってなんで?

 とりあえず、特許に関する項目を読んでみた。ネットで検索すれば出てくるその文章は、やたら長く、そして理解に苦しむ。文字ばかりだから。絵もつけてくれよ。

 どうやら簡単に言うと、「アイコン」の上にカーソルを持っていったときに「ヘルプのアイコンが立ち上がる」という技術が特許権に絡むらしい。もちっと詳しく読まなければ、どの部分が特許権侵害となっているのかわからないのだが、とりあえず第一印象はそんなところ。

 どうなんだろう。いきなり訴訟ということはあり得ないわけで、松下も訴訟以前にジャストシステムに「特許抵触していますよー」みたいな案内は出しているはずなのだ。それを証拠に、昨年ジャストシステムは他のソフトで「特許の侵害をしてないよね」という確認の訴えを起こし、裁判所は「はい、してません大丈夫」という判断をしている。

 でも、今回の一太郎は完全にOUTらしい。んんー、1800万本も売り上げた有名ソフトだけにこれで無くなってしまうとは思わないが、意外にブログの記事になってないようで、関心低いのかなあ。
posted by airmassu at 20:18| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコンをカスタマイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も記事にしようかと思ってたのですが・・・
ジャストシステムさんからのメールでは一生懸命に弁解されてましたよ。
Posted by ミッキー at 2005年02月04日 00:02
ジャストシステム控訴しましたね。当然といえば当然ですが。んでもって予定通り発売。しばらく静観ですかね。
Posted by まっすー at 2005年02月12日 00:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック