2010年11月14日

新居、たくさん諸問題が出てきております

 家、なかなか思うように進まず悩んでいます。

 新居建設に関する記事は「ですます」調で書いているのですが、どうも語気が荒くなりそうなトラブルが頻発してます。

 たとえば、塗り壁。

 外壁を塗り壁でお願いしていたのですが、塗ったときのヘアラインみたいなのが残るような風合いにしてほしいって頼んだんです。実際の家屋のイメージ写真もお見せして、そりゃあもう理解していただいてたつもりでした。

 でも、実際は塗り壁の加工がちがーう.JPG
 こんな加工になってました。

 ちょっと違うというか、全然違うー。
 
 お願いしていたのは、油絵のような塗ったくった感。

 これは凹面処理のかかった塗り壁なんです。

 そんな細かいこと気にすんなよって言われそうですが、私にとっては死活問題。

 これじゃないんです。この処理、とてもお金がかかっているらしいのですが・・・

 正直、他にもたくさん頼んだこととと違うことがあって、正直めっちゃへこんでます。



 

Dsc00428.jpg 壁に間接照明がつくからか、2灯分のスポットが

 削られてるんです。

 何の報告も連絡もなしですよ!?

 そんなことあります?

 付けられなくなった理由とか、合理性とか、ちゃんと話お伺いしたいですよね。

 でも、現地で確認するまで何も無しでした。

 電話はしたんですが、来たのは現場監督さんでした。


 なんで無くなっちゃったのか、きちんと説明をしてください。ということで回答待ちです。

 
 DSC00407.JPG
 これもそうなんですが、壁にランダムに穴を開けてくださったのはいいんです。

 まあ、それでも穴の開ける細かい位置も正確には打ち合わせできるはずだったのに・・

 で、しかもその穴は普通にスクエアに開けて欲しかったんです。

 でも、できあがりはエッジ付きで、しかも底面部にはアールを施してありました。

 施工してくださった方は良かれと思ってやってくださっているんですけど、希望とは違うんです。

 なんでこういうトラブルにならないように予め相談してくれなかったんですかねえ。

 とてもいい工務店さんなんですけど、最後の最後になっていろいろとトラブルメイキング・・・

 タバコを吸わないでくださいって注意することも数度・・・

 はぁぁ。

 まだいっぱいあるんですけど、ブログに書くと何だか気が滅入りそうなので、工務店さんの誠意ある対応に期待してみることにします。
posted by airmassu at 00:52| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 新居建設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック