2010年09月23日

尖閣諸島の領海侵犯は中国の計画的な犯行

 漁船などの民間人を使って領海侵犯をして日本の様子を見る。

 日本が動いてきたら動いてきたで共同開発予定だった春暁油田の独自開発に着手し、動いてこなかったからこなかったで尖閣を実効支配する口実にするつもりで計画的に動いてきたんだろう。

 ドリル搬入なんかは既定路線であって、それを日本にグダグダ言われたくなくて漁船で領海を侵犯し、悶着を利用してドリルの搬入を肯定しようとした。

 まあ、そんなところだろう。

 そして中国側は、自分たちが抗議に出れば日本はすぐに矛を収めると思っていたはずだ。

 でも、そうならなかった。


 尖閣諸島問題が長期化し、各種の経済交流が損なわれて打撃を受け、その被害は中国よりも日本のほうが大きいだろうと思う。ただ、中国政府はこの問題が長期化すればするほど打開策を見出せなくなってしまう。

 中国は軍事的にやや日本の弱腰外交を甘く見ていたのではないか。海保が保有しているビデオの内容があまりにも無様だったときは、きっと船長に責任をなすりつけて終わらすに違いない。それでも自分たちの領土で漁業していたのであって正当性があるなどと、船長を保護するような立場を取れば、今度は日本と中国とで国際的に領土がどちらかかを判定してもらう、つまり完全に白黒つけようという動きになる可能性がある。

 なので、どちらにしても中国は手詰まり。日本がさっと手を引くと思ってたんだろうな。アメリカと普天間問題でぎくしゃくしていたこともあって、挑発するつもりがかえって裏目に出そうだ。

 仙石官房長官がハイレベル級の閣僚会談を持ちかけたが、中国はそれを拒否してしまった。

 でもよくよく考えると、会談を持ちかけるべきは中国のほうではないか。日本がわざわざ落としどころを模索して打診したのに、それを突っぱねてどうする。

 ちなみに、船長の即時釈放を行えば暗に日本は尖閣の領有権がないがしろにされてしまうわけだ。日本としては粛々と国内法の手続きに則って処罰する。極めて適切な対応。

 返して欲しければ、人事と礼を尽くせ。すべての責任は中国政府にある。
posted by airmassu at 12:09| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック