2005年01月12日

PSP返品してきました

 発売日当日に手に入れたPSP。1台めはディスプレイに傷、2台めはボタンが返ってこないという散々な目に遭った。仕方なく、正月早々返品してきた。

 購入店の店員に訊ねてみると、CMでの華々しい紹介とは裏腹に「返品問い合わせが非常に多くて困っています」とのこと。ううん、やはりね。

 価格コムとかの掲示板などでご覧になられた方も多いと思うが、非常に不具合報告が多い。しかも、交換端末は返品物を初期化して再送しているだけだから、初期不良ロットがぐるぐる回っている始末。ある人曰く、「交換対応してもらったのはいいけれど、前の人のゲームデータがメモリーに残ってた」とか、そんなのが相次いでいるらしい。

 ニンテンドーの製品のことはよく知らないが、年末商戦で110万台売れたDSに対してPSPはわずか30万台程度だったとか。人気の差?発売開始日の影響もあるので一概には言えないけれど、正直年末に50万台出荷する計画は、あまりの返品の多さに対応を余儀なくされたものなのだろう。

 私の場合、結局「みんなのゴルフ」だけが手元に残った。半年経ったらまた買います、多分。
posted by airmassu at 20:20| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | デジタル家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
四角ボタンは設計上どの実機でも起こることなので、返品が正しい選択肢でしょうね。

初期不良ロットが回ってる系の話は、ネット上で聞いたものだと2ちゃん発のデマも多くて問題になっているくらいですので、情報の真偽はよく判断された方がいいですよ〜。

台数は、スペックを重視し過ぎて生産効率が上げれないためで、発売当初からこの予定だったような・・・。

いずれにしろ、落ち着くまで待った方が嫌な思いはしなくて済みますね。
Posted by FYI at 2005年01月13日 01:02
 FYIさん、コメントありがとうございます。

 初期不良ロットが出回っているというのは、ソニー側の修理窓口の方も認めたのでおそらく全体の一部にそういったことがあったのは事実だろうと思われます。

 確かにPSPのスペックは非常に高いですが、50万台を公言していたのに結果がこうなってしまったというのは、やはり返品の多さに対応を取られてしまったというのがあるんじゃないかなと思います。

 私はDQ8クリアしてメタルギアに行ってからPSPに戻りたいと思います。^^
Posted by まっすー at 2005年01月14日 17:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック