2010年04月12日

「たちあがれ日本」を批判する前に

 「たちあがれ日本」という政党が新たにできた。動詞の命令形を党名に加えた政党は史上初なんじゃないだろうか。

 「じぃちゃんばっかりで、立ち枯れ日本だな」

 とか揶揄しているそこの諸君(管理人も少し思ったけど)、齢70歳ともなれば、私利私欲なんていうことはあんまり考えないものだよ。まあ名誉は考えるだろうけど、質実共に備わったのであれば、それこそ本当の誉れである。

 そして、我ら若い世代は彼らのような爺にまだ世間を引っ張ってもらわなければならないということに感謝と敬意を少し表すべきかもしれない。


 人は必ず死んでしまう。あの世、というものが仮にあったとするならば、あの世にはほとんど何ももって行けないのは当たり前なのだが、仏教では唯一、もって行けるものがありますよと説いている。

 それは「生き様」であると。

 どんな風に生きてきたか閻魔様によって裁きを受けるわけだ。

 確か7日間にわたって行われるお裁きがあるということはだよ、言い換えれば、あなたの生き様はあの世に唯一持っていけるものであるということができるってこと。

 平均年齢70位の爺が5〜6名集って、この国を憂いてくれてるんだぜ。金になんか別に執着無いだろう彼らがだな、老後の余生をゆったり過ごしもせず、次代の日本人のために政党を作ったわけだよ。

 理念や思想について共感しろとか、そういうことを言ってる訳じゃないよ。ただ、むやみやたらと揶揄するんじゃあ、幼稚だってこと。

 だから、まずは素直に評価するべきだ。
posted by airmassu at 00:09| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック