2009年11月16日

電気自動車の電池部分は共通化できないのか

 最近よくみかけるようになったプリウス。そしてインサイト。
 職場でもエスティマハイブリッド、プリウス、インサイトを見かけるようになり、EVとかHVとかが本格的に普及しだすのも間もなくといったところ。

 ちなみに、EVは電気自動車、HVはハイブリッド車のこと。Vは「vehicle」の頭文字。EVは充電して走るのは当たり前なんだけど、HVも家庭で充電できるようにしましょうか、みたいなコンセプトで今開発が進んでいる。

 つまり、充電できるハイブリッド車。

 現在、トヨタのプリウス開発者は2代目プリウスを改良して充電できるようにして使っているらしいが、実際、2代目のプリウスは簡単な改造でPHV(プラグイン・ハイブリッド、家庭で充電できるハイブリッド)にできるみたいで、アメリカでも一部改造して使っているユーザーがいるようだ。

 でも、普及前だから敢えて言わせてもらいますけど・・・

 充電池に使う部分は、規格をある程度統一したほうがいいんじゃないか、と思う。

 なんでか。

 もし、充電池部分を共通仕様にすれば、こんな効果があると思う。

・共通仕様の電池なら、ガソリンスタンドで空になった電池と満タンの電池を交換してすぐまた走れる。
・火急の用件で車が必要になったときでも、ガソリンスタンドで満タン電池を買えばいい。
・空電池はそのままそのガソリンスタンドが回収、充電を行い、次の車に備える。
・電池は形が統一されるので、量産によるコストダウンが図れる。
・自動車が廃車になっても、充電池に大量に必要とされる希少金属はきちんとリサイクルできる。
・充電池の部分については、自動車本体価格から除くことができるので、車両単価が安くなる。
・ガソリンスタンドという公共性の強い施設をそのまま転用することができる。

×形がある程度統一されてしまうので、自動車の形にやや制限が加わる可能性がある。
×自動車開発競争が横並びになる可能性がある。

 今、ぱっと思いついたのはこれくらい。

 普通にPHVやEVなどの電気主体で走る自動車が増えた場合、考えられる充電スポットでは、

・家庭
・大型郊外型店舗、複合施設などの駐車場
・駅

 などになってくるだろうと思われる。充電池が急速充電に対応するものならまだいいが、3分とか5分単位で80%くらい、すぐに充電できるような環境にならない限りは、基本的に家庭用電源で充電というライフスタイルになるだろう。

 しかも現段階で充電には数時間単位でかかる。

 もしそうなった場合、急いで出かける必要が生じたときなどには電池が少なくて走れません、みたいなことになると思う。

 だったら、充電池を使いまわしできるようなものにしておいて、ガソリンスタンドとかコンビニとかで交換が可能なようにしてしまえばいいんじゃなかろうか、と思うわけ。もしくは、電池部分が取り外せて家庭での充電ストックができるようになってもいいかもね。電気自転車がいい例じゃないか。

 どちらにしても着脱可能な電池であるべきだと思うんだけど、どうなんだろうか。

 ああ、こんな話してるとプリウスが欲しくなってくる。

 最初に買った自動車はフィットだったが、それを買ったのがちょうど7年前の今日。仕事帰りに取りに行って、ワクワクして運転して帰ったことを今でも覚えてるよ。

 ストリームは、まだまだ乗ります。はい。
posted by airmassu at 18:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック