2009年11月15日

マイクロソフトがウィルス対策してくれます

 北海道庁が4,000本を超えるコンピュータソフトの違法コピーをしたとかどうとかいうニュースがトピックを賑わせていた。そのうちの8割はMS製ソフトだとか。

 MS製オフィスにそんなに依存してたのか・・・というかコピーしすぎだろ。バカじゃねーのか。違約金とかも含めて考えれば、正規の値段よりも高い値段で約定させられて、結果的に税金を余計に使っていることになる。3,000本とかスケールが大きすぎ。恥を知れ。

 無料のオフィスソフトもあるのに、そういう発想は考えなかったのか。これを主導した奴は懲戒ものだ。

 ただ、MS(マイクロソフト)自体、あこぎな商売しすぎなのは事実。実際、オフィス2007になって既存ユーザーには使い勝手が悪くなったものだから、オフィス製品は2003までの画面を支持する人が多い。また、オープンオフィスとか、キングソフトなどの無料・低価格のソフトの完成度が年々高まっていて、主導権を失いつつある。MS自体、もうOSの多売やオフィスの多売で商いが成立しなくなりだしてるから、こんな風に訴訟頼みの著作権管理に動いている、といってもいいだろね。

 取れるところから取る。それだけMSも切羽詰った状況になりつつあるということだ。

 というか、そもそもウイルスがこんなに蔓延するような欠陥OS作っておいて、どういうつもりなのか。MSの殿様商売にはちょっと頭にきてたところもある。でも、最近になってアンチウィルスソフトを無償で公開したというじゃないか。

 その名も「ウインドウズセキュリティエッセンシャル」。

 MS、太っ腹だねえ、というか当たり前だよ、まったく。


 実は、ウイルスセキュリティというソフトを以前使っていた。しかし、こいつはかなりショボかった。いろんなウイルスをスルーしてしまって、有料のくせにほとんど役に立たなかった。

 なので、検出率が高く、無料で比較的使いやすい商品として挙げられるkingsoftのInternet Securityをその後導入したのだが、こちらは広告がポップアップされてくるときに非常に重たくなることがよくあったりして結構ストレスが溜まる。きちんといろんなウィルスを駆除してくれるから、重宝はするものの、重たい。無料だから文句は言えないのだが・・・

 どうしようか、やっぱり有償でもカスペルスキーみたいなのにしたほうがいいのかな、と迷っていたところに、MSが吉報をもたらしてくれた。

 今度MSが出してきたこのエッセンシャルは、先日まで企業向けに有償で展開されていたものらしい。このソフトを入れることで、結構なウィルスは駆除してくれることがわかった。検出率は全ソフト中3位とのこと。ちなみに1位はカスペルスキーだ。

 今からウイルス対策ソフトを考えている人は、この無料ソフトで十分大丈夫だと思う。ファイアーウォール等の機能がないので、それも欲しいひとはキングソフトとかavastでいいんじゃないかな。必要ない人は、このエッセンシャルで十分だよ。

posted by airmassu at 00:48| 京都 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | パソコンをカスタマイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ(・∀・)
記事のコメントではないのですが、このたびブログ復活しました☆コメント頂いていたのにお返事が遅れてしまって本当に申し訳ないです。また是非是非遊びに来てくださいね♪
Posted by ちょこ at 2009年11月16日 12:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック