2009年01月20日

トヨタが新旧プリウスを併売

 実はハイブリッドカーについてちょうど記事を書いてみようと思っていたところに飛び込んできたこのニュース

 もし次に自分の車をハイブリッドカーにするとしよう。

 ホンダが2月に出すインサイトを買うか、それとも5月に出る新型のプリウスを買うか。

 正直なところ新型のプリウスのデザインは少し奇抜な感じ。現行プリウスのほうがリアなどはしっくり来たりする。

 でも、もし次に買うなら「新型プリウス」だな。

 ホンダのインサイトは標準グレードなら未確認ながら189万円〜という情報をどこかで見た。

 200万を切ってくるというのは本当に素晴らしいと思う。

 ただ、どうしてもシビックハイブリッドのパーツを流用してコストダウンしてる感がプンプンしてしまっていて、せっかくの「新しさ」が損なわれているような気がする。インサイトのインパネ←インサイトの室内。一見キレイだけど・・・
 メーター類のデザインがシビックハイブリッドとほぼ同じ。これじゃ買う気が失せる。シビックハイブリッドと見た目が違うだけで中身が一緒の廉価版ハイブリッドなんて欲しい?

 はっきり言えば「要らない」ね。

 プリウスはその点とても優秀なデザインだ。これならセンターメーターでも許せる。

 外も大事だが、いつも目に入るデザインもとても大事。
新型プリウス内装
 「新しい車=未来」を想像させてくれるにふさわしい造形が必要だと思う。

 インサイトの室内は「あ、どこかで見たぞ」になってしまっていて、せっかくのハイブリッドも台無しだ。

 ちなみに、現行プリウスはインサイトの対抗として装備を少なくして価格を下げて併売するとか。現行プリウスのデザインもキレイ。特にリアは秀逸。

 現行のプリウス型でも高級モデルは残される可能性はあるだろうね。新型は現行モデルよりも価格帯がやや上になっているらしいので、そうなるとインサイトにお客がだいぶ流れてしまうおそれがあると睨んだのだろう。

 ただ、あのデザインが受け入れられるかどうか・・・

 実はトヨタ社内でも賛否両論あったんじゃないかな。でも、新型のデザインは悪くないよ。

posted by airmassu at 01:23| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
現行プリ乗りとしては、次の車悩んじゃいますねー。

でも、ホンダのメーターもFCXやインサイトもそうなんですが、電流量の多少がタコメーター的に可視化されていて便利なんですよー。

トヨタのエネルギーモニターだと、電気がモーターから発生しているのか、モーターの駆動に使われているのかあるいは両方なのかという0か1しか見えないですけど。

30型プリウスだと見えるようになってるいいんですが…
Posted by waka at 2009年01月20日 08:19
■waka様

 なるほど。オーナーさんは目の付け処が違いますね。

 でも、やはり今度のインサイトには一票投じられません。先代のインサイトのメーターのほうがかっこいいです。退化してしまってるような気がしてダサいです。

 エクステリアはいいんですけど、あのメーターなら私は乗らないですね。現行プリウスのほうがよっぽど洗練されていてかっこいいです。
Posted by まっすー at 2009年01月22日 00:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック