2008年08月24日

自動車税をCO2の排出量で増減させる?

 今日、こんなニュースがYahoo!のトピックに挙がった。

CO2排出量基準 自動車税見直しへ 経産省検討 軽の負担増で反発も

8月24日8時1分配信 産経新聞


 経済産業省が平成21年度の税制改正で、エンジン排気量の大きさを中心に税額を決めている自動車税制を見直して、走行1キロメートル当たりの二酸化炭素(CO2)排出量を基準に税額を決める方式への変更を検討していることが23日、わかった。同様の仕組みは欧州各国が取り入れ始めており、地球温暖化を防ぐグリーン税制の目玉にしたい考えだ。しかし、これまで優遇されてきた軽自動車の税負担が大幅にアップするため、自動車メーカーなどの反発は避けられず、調整は難航しそうだ。


引用ココマデ

 つまり、今まではエンジン排気量ごとに課税してたけどそれを排出するCO2量に変更しましょうというわけ。悪くは無いけど、あんまり賢いとも思わないね。

 その前にCO2の増加が地球温暖化に影響を及ぼしているかどうか定かではないというのもあるけどね。

 

 個人的には今回の改正はあまり支持しない。確かに軽自動車なんかは税金的に優遇されすぎで、実際1000ccクラスの小型車のほうが燃費が良くて地球環境に優しかったりする。だから軽自動車という優遇カテゴリは撤廃し、税制を見直したほうがいい。

 そもそも軽自動車というの国民車構想というものが根底にあって、一家に一台の自動車所有を目的に造られたこのカテゴリはその目的が果たされた今、もう軽自動車なんていう優遇枠は要らないんじゃないか。

 個人的にはヴィッツやフィットなどと言った小型車のカテゴリが軽自動車に近い優遇があっていいと思うし、むしろ余計なしばりがあって燃費では決して経済的ではない軽自動車の税額をやや引き上げて、小型車を選んでもらいやすい環境をそろそろ作るべきだと思っている。

 そういう意味でも、自動車税は改正されるべきだとは思うけど、実際は油、ガソリンや軽油を使った分だけ税金を支払うシステムのほうが平等だと思う。

 大きなクルマを持つ、小さいクルマを持つ、ライフスタイルに合わせて持ちたいクルマの大きさは変わってくるし、使い方も人によって違う。

 だから、使った分だけ課税されるほうが平等なのだ。燃費が悪いクルマを所有していても、普段あまり使わないなら税金は安くていいはずだ。小さいクルマで環境に優しいといっても、たくさん乗ってしまえば同じこと。

 都市部に住んでる人はあまりクルマを使わないだろうし、逆に地方だとクルマがないと生活ができなかったりする。だから必然的にクルマをたくさん使う人はより経済的なクルマを選ぶように誘導できればいいのだ。

 それでも大きいクルマを使いたいときだってあるだろう。だから所有する分にはあまり税をかけなければいい。そしたら用途に応じて最適なクルマを日々選んで乗り分けることが可能になる。地方なんて一世帯で何台も所有しているくらいだし。

 つまり複数所有をもっと促すわけだ。

 無駄にたくさんクルマに乗る奴がたくさん税を払えばいい。ガソリン税を見直せばいいんじゃないか?そのほうが単純でわかりやすいよ。

 

posted by airmassu at 21:48| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック