2016年02月29日

マツダはミニバンから撤退したら必ず落ちる

 マツダがミニバンから撤退というニュースが流れましたが、これは吉と出るか凶と出るかと言われたら「凶」だろうと個人的には思います。

 ・SUVの支持はそれほど強くない
 ・マツダ車全体の室内空間はどんどん小さくなって来ている
 ・ミニバンを捨てるのは日本市場を軽視している

 特にマツダ車全体で言えるのはデミオにしてもアクセラ、CX-3などもそうですが圧倒的に「狭い」ということです。プレマシーが唯一の救い、ビアンテはまあデザイン的に奇抜すぎますが、どんなに走りが良くても「狭かった」で次にマツダ車を買うかと言われたら「たぶん買わない」人が意外と多いんじゃないでしょうかね。


続きを読む
posted by airmassu at 18:26| 京都 ☁| Comment(0) | 評論・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする