2013年11月08日

最近のソニーの商品はとても尖っていていいと思うけど、TVは退化したな

SONY TV.JPG この記事は連休中にまとめて書いているから、どうなってるかちょっと予想で書いておく。

 おそらくこの記事が出る頃にはソニーの株はかなり下げているだろう。自国の債券はもとより、サブプライム発覚前も堂々とあんな危険なシロモノを最高評価にしているムーディーズやスタンダードプアーズなんぞは所詮眉唾ものだが、そんな彼らはきっとソニーを「ジャンク株」級に評価を下げているかも知れない。

 でも、ここ最近のSONYの商品は消費者向けではなく「こういうのどう?」的な、カスタマーに進化を要求するような、そういう尖った商品が増えてきた。実に素晴らしい。

 けどな、今のラインナップのTVはいったい何だ!!最上級モデルは別として、他の奴はモノリシックを捨ててしまったようだ。こんなダサイことするなら、たま東芝に戻すからな。そうじゃなくても機能で負けてるんだからせめてデザインでは勝てっての。

posted by airmassu at 21:00| 京都 ☔| Comment(0) | 評論・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする